main_image2015

麦と無農薬野菜でオリジナルピザを作ろう!小麦を作って ピザ作り!

2017年度も小麦をつくります!  参加者募集中!  

 <大人コース>

小麦の種まきから始めて 収穫した麦と無農薬野菜でオリジナルピザを作ろう!

 <家族コース>小麦を作って、ピザ作り!       があります。

 

申込み:NPO法人こども環境活動支援協会 担当 久世(くせ)

     TEL/FAX 0798-74-0263   または   E-mail:shizen@leaf.or.jp

 

●大人コース (18歳以上)   

  小麦の種まきから始めて 収穫した麦と無農薬野菜でオリジナルピザを作ろう!

            ☆は自由参加日

① 2017年11月8日(水) 小麦の種まき 焼いも作り  麦の話 
       ☆12月13日(月) 追肥、草抜き
②2018年1月29日(月)  麦踏み 小麦を使ったスープ(じゃがいもニョッキ)作り 

                 薪割り
       ☆3月21日(水・祝)  草抜き
③ 6月13日(水)小麦の刈り取り、脱穀、籾摺り、製粉作業  大麦で麦茶作り
④ 7月25日(水)ピザランチ     講師:ピザ「リベルテ」店長 久村眞秀氏

          小麦を使ったスイーツ

参加費:15,000円(1人)

締切:10月20日

 

●家族コース (小学生以上のお子さんをお持ちのご家族) 

  小麦を作って、ピザ作り!              ☆は自由参加日

① 2017年11月12日(日) 小麦の種まき  麦の話 
       ☆12月26日(火) 追肥、草抜き
②2018年1月28日(日)  麦踏み 竹パン作り
       ☆3月17日(土)  草抜き
③ 6月10日(日)小麦の刈り取り、脱穀、籾摺り、製粉作業  大麦で麦茶作り
④ 7月22日(日)ピザ作り   

参加費:15,000円(1家族)

締切:10月31日

 

西宮の甲山周辺の田畑では、60年ほど前まで大麦や小麦を作っていました。
米と麦の二毛作は作物を得るだけではなく、いろいろな生き物たちにとってもなくてはならない場所でした。今、小麦製品は身の回りにたくさんありながら、麦畑の景色は生活の中からは遠ざかってしまいました。
小麦の種まきから始めて、自ら挽いた小麦粉を使ってピザを作る4回の講座です。阪神間ではなかなか見られない「麦」の景色を甲山のふもとに甦らせます。


2016年度の4回の活動を紹介します。

2017年7月23日 10:00-14:00   くもり

4回

社家郷山キャンプ場、四季の道

ピザ作り、ハイキング

家族 21組 73名

ハイキング 作り方の説明 皆でいただきます かまど

 今日は小麦を作って、ピザ作りの最終回。社家郷山キャンプ場でのピザ作りでした。最初にオリエンテーションをした後、ハイキングとピザ作りの二つのグループに分かれて活動しました。ピザ作りグループはピザ屋を営むHさんの指導のもと、生地をのばして具材を並べかまどの中で焼いていきました。そうして出来たピザはバジルがきいた良い匂いで、子どもも大人もにっこり。ハイキングの方は四季の道という道を一時間程度散策し、社家郷山がどんな場所なのか見て回りました。今日は参加人数も多かったため、ボランティアの方にもたくさんお手伝いをしていただきました。天気が心配されましたが、雨が強く降ることもなく終えることができました。自分で育てた小麦を使って作ったピザを美味しく食べていただき、小麦が身近な作物であることを実感していただいたことと思います。

2017年6月11日 10:00-14:00   晴れ

3回

大麦、小麦の刈り取り、製粉作業、麦茶作り

家族 20組 31名  子ども 22名
大麦 小麦 製粉作業 麦茶作り

 きれいな黄金色に実った大麦・小麦の刈り取り作業を行う回になりました。まず、大麦は手で摘み取り、袋に入れました。穂をとった後は鎌で刈り取り、紐でまとめます。小麦は穂がついたまま鎌で刈り取り、紐で結んでビニールハウスに運んで干します。班に分かれて、大麦の芒(のぎ)を取り除き、フライパンで煎っての麦茶作り、石うす・小型製粉機を使って製粉作業を行いました。麦茶作りでは実が爆ぜる様子、焼き栗のような甘い香りなど、子どもたちも興味津々で色んな感想を伺うことができました。大人の方も小麦のふすまを見て、フルイでふるって粉になるまでの工程を楽しんで作業されていました。午後から次回のピザに使うバジルの植付け作業を行い、大麦で作ったストローを使って煮出した麦茶を飲みました。次回のピザ作りも楽しみです。

2017年1月29日 10:00-14:00   晴れ

2回

麦踏み、竹パン作り、薪割り、追肥

家族 20組 31名  子ども 25名
麦踏み 追肥 薪割り 竹パン作り

 今日は麦作りコースの第二回目でした。前回種まきをした畑の麦も芽を出しており、まずは畝への追肥と麦踏みをしました。麦は踏んで大きくなるという珍しい作物です。寒くなって霜柱で土が持ち上がり、浮き上がった根を抑えるために行います。そして畝の両脇に追肥をしました。湿って土が重たかったのですが、種を蒔いた10畝すべて作業ができました。お昼は社家郷山キャンプ場に移り、午後から薪割りと竹パンを作りました。薪は人力ではなく機械を使って半分にしていきます。竹パン作りは竹に練ったパン生地を巻き、かまどの火で焼いていきました。パンの焼けるいい匂いとほのかな甘さが好評だったようで子どもも大人も満足して頂けたようでした。途中小雨が降りましたが、予定していたプログラムを全て行うことができました。

2016年12月26日 10:00-12:00   雨

自由参加日

ボカシ肥料作り、草抜き、草削り

家族 5組16名  
ぬか 油かす 袋づめ 草刈り

 雨模様の中、5家族の方々が来てくださいました。まずは、小麦の畑に入れるボカシ肥料作りです。ぬかや油かすなどを混ぜ合わせ、最後に水を加えてもう一度混ぜ合わせ、袋につめていきます。この肥料が使えるようになるまでには、冬場で1ヶ月ほどかかります。今日作った肥料は、次の活動日の1月29日使います。袋詰めができたあとは、畑に出て農作業です。11月に種を撒いた小麦、大麦が芽を出していることを確認しました。寒い時期なのでそれほど草は生えてきませんが、草が小さい今の内に草をとっておくことが重要です。三角ホーという道具を使って、みんなで雑草削りをしました。麦のある部分の作業を無事終えて終了となりました。次の活動では、追肥の作業と麦踏みをします。

2016年11月13日 10:00-14:00   晴れ

1回

麦の種まき、畝の整備、草抜き、麦についての学習、麦の栽培ポット作り

家族 21組76名  子ども 40名
種まき 畝整備 ポット苗 麦について

今日は小麦を作って、ピザ作り!コースの第一回目でした。このコースは麦を一から育て、ピザを作ってみようというプログラム。最初に麦の種をまくチームと畝の整地をするチームの二つに分かれて、交代で作業を行いました。麦の種を見たことがない方も多く、大麦と小麦の種を興味深く観察をしながら種まきをしていました。その作業と同時に麦の栽培ポットを作りました。畑を見ることができない間、自宅で小麦を育てて観察してもらい、麦の成長を知ってほしいという目的です。その後、甲山自然環境センターに移動してご飯を食べ、午後から麦の学習をしました。麦がどこから伝来し、何に使われているのか、どんなふうに成長していくのか、1時間ほど学習をしました。次回の活動は一月、麦踏み時期になります。