mainイメージ2018

甲山農業塾 日曜コース

甲山農業塾は、農体験により「食」「農」「環境」への関心を持ってもらうための講座として2008年度より行っています。

2016年度より、小学生以上の家族を対象とした「土曜コース」、「日曜コース」。

幼児を持つ家族対象の「つちの子コース」を実施しています。


LEAFでは、農業の技術を習得する事を目的としているわけではありません。甲山周辺の森林とのつながりを始め、食、生き物、文化などとのつながりも学べるプログラムを作っています。
「農」を入口として環境を学ぶこと、自然循環と人との関係を学び、次世代に伝えることが出来る「農」に関わることを目的としています。核家族の多い中、様々な年代や他の家族と共に農作業を進める「甲山農業塾」のスタイルは、子ども達のコミュニケーション力や自発力を豊かに育てるものと評価されてきました。

 

スポンサー:グッドホールディングスグループ

協力:地元農家   生活協同組合コープこうべ

後援:JA兵庫六甲西宮営農支援センター

甲山農業塾  日曜コース 第3回
2018年5月6日(日)10:00~15:00     晴れ

田んぼの準備作業、畦草刈り、ニンジンの草抜き、追肥、夏野菜の植付け

家族 14組 51名

草抜き追肥 ボカシ肥料まき 草かり トマト植え付け

 今日、農業塾第3回もお天気に恵まれて、さわやかな晴天の中実施されました。まず、夏野菜の植付けに使う敷きわら切りから始めました。ニンジンの畝の草抜き、追肥作業では、先週作ったボカシ肥料を畝に入れました。子ども達はキヌサヤ・スナップエンドウ、ホウレンソウ、ラディッシュの収穫を行いました。田んぼに移動して子ども達はぼかし肥料を田んぼに撒きました。お父さんたちは畦の草を刈り、畑に運びました。午後から、トマト、キュウリ、ナス、ピーマンの植付けと切ったわら、刈った草を畝に敷き、支柱を立てて結束バンドで誘引しました。最後に、水やりの方法をお話して今日のセミナーは終了しました。みんなで植えた夏野菜がどんなふうに生長するのか、楽しみです。

甲山農業塾  日曜コース 第2回
2018年4月29日(日)10:00~15:00     晴れ

講義「夏野菜栽培計画」、ミーティング、ぼかし肥料づくり、ジャガイモの間引き・追肥、畝立て

家族 15組 55名

夏野菜講義 ボカシ肥料 ジャガイモ追肥 畝たて作業

本日は天気も気温も気持ちの良い一日でした。これから育てる野菜についてどういう種類で、原産地はどこなのか、育てる際の注意点などを学びました。身近な野菜のほとんどは海外が原産地でした。そして、これから何度もお世話になるぼかし肥料を作りました。子どもたちは匂いが気になるようでした。昼食をはさんで畑に移動しました。ジャガイモの間引きを行い、太い茎2本を残して後は全て切ります。どの2本を残すべきなのか、皆さんよく考えていました。おいしいジャガイモになりそうです。また、夏野菜を育てるために、畝立てを行いました。初めての作業の人も多く、皆さん苦労しながらも楽しそうでした。

甲山農業塾  日曜コース 第1回
2018年4月22日(日)10:00~15:00     晴れ

開講式、農具について、苗作り、畑の観察と収穫

家族 16組 54名

開講式 名刺交換 稲苗作り ホウレンソウ収穫

甲山農業塾家族日曜日コースの開講式は、お天気に恵まれ、爽やかな日差し中での活動になりました。開講式では、当協会理事の挨拶に引き続き、スポンサー企業のグッドホールディングス株式会社A代表よりご挨拶をいただきました。地主農家Kさん、参加者の皆さんの自己紹介、手作り名刺の交換などを行いました。ご参加いただくにあたっての諸注意、セミナーに使用する道具の説明をして、早速エダマメの苗作りを行いました。午後から、オクラ、キュウリの苗作り、お米の苗作り、育苗中の苗の観察などの後、畑に移動して作物の生育状況観察、ホウレンソウの収穫などを行いました。今日は一日盛りだくさんの内容になりました。一年間、どうぞよろしくお願い致します。