mainイメージ2018

甲山農業塾 つちの子コース

甲山農業塾は、農体験により「食」「農」「環境」への関心を持ってもらうための講座として2008年度より行っています。

2016年度から、小学生以上の家族を対象とした「土曜コース」、「日曜コース」。

幼児を持つ家族対象の「つちの子コース」を実施しています。

 
「つちの子コース」では、子ども達が「土」に触れ、植物や生きものを見て、さわって、五感を育むこと、野原や田んぼでの仕事「野良仕事」を遊び体験することを重点としています。実際に活動する場である農地を見ていただこうと3月に開いた「オープンデイ」では子どもに土と触れ合う機会を作りたい、親子で作物を作りたいと言った声が聞かれ、定員を超える申し込みをいただきました。

 

スポンサー:グッドホールディングスグループ

協力:地元農家   生活協同組合コープこうべ

後援:JA兵庫六甲西宮営農支援センター

甲山農業塾  つちの子コース  日曜 第2回

2018年6月24日(日)  10:00~14:00

晴れ

田植え、収穫作業、サツマイモ植付け、つちのこ交流会、麦茶作り

家族 16組 56名

田植え にんじん 水に浮くかな 麦茶づくり

今日は、天気もすっきりとして気持ちの良い一日となりました。午前中は田植えを行いました。子どもたちは、田植えをしながら泥んこになるのが楽しかったようです。また、畑で育ったにんじん、じゃがいもを収穫しました。そして、サツマイモの苗を自分たちで準備した土のう袋に植えました。午後からは社家郷山キャンプ場に移動し、つちの子交流会を行いました。昨年参加されていたご家族も3家族来てくださり、交流会では野菜に似ている石コンテストを行いました。また、みんなで石を探している間に麦茶を作りました。農地で採れた麦を薪の火で煎り、作った麦茶は甘みが出て美味しいものとなりました。また、どのような野菜が水に浮くのかみんなで実験しました。土より上にできる野菜が浮くそうです。野菜に似ている石コンテストでは、どの石もよく野菜の特徴をとらえていて、とても盛り上がりました。

 

甲山農業塾  つちの子コース 

土曜 第2回

2018年6月23日(土)  10:00~14:00

曇りのち雨

田植え、土のう袋に土入れ、野菜の収穫、観察

家族 15組 42名

なわしろいちご 田植え にんじん たまねぎ

この時期はやることがたくさんあります。田んぼにはだしで入ると、にゅるっと軟らかい土の感触です。プールでも、海でもない、軟らかさに驚きです。一列に並んで等間隔に植えるのは意外とむずかしいですね。しかも梅雨時の雨がパラパラ降り始めたため、早めに切り上げて野菜の観察と収穫。大きく育ったニンジン、タマネギをこどもたちが力を入れて抜きます。親子で今日の夕食はこの野菜を使って何にするかなどの会話も聞こえてきます。午後には雨も本降りになったので、予定していたさつまいもの土のう袋苗植えはあきらめ、ハウスでの講義になりました。農地での活動はお天気に左右されますが、この雨も野菜たちには必要なものです。初回に植えた夏野菜が大きく育ってくれるといいですね。

甲山農業塾  つちの子コース  日曜 第1回

2018年5月13日(日)  10:00~13:00

開講式、苗の観察、敷きわらの準備

家族 14 組52名

開講式 家族紹介 根っこ観察 収穫野菜

朝からの雨は開講式には本降りとなりましたが、野菜には一番の栄養です。今日から1年間の甲山農業塾のスタートです。LEAFのT理事、そして、ご協力いただいている地主農家のK氏の挨拶のあと、参加者さんの自己紹介と家族名刺の交換会。その後も降り続く雨にハウスの中での観察。苗ポットの中のまだひよっこの白い根っこを観察。トマトの寝かせ植えなどの説明の後、根元に乾燥を防ぐためのわらを準備しました。雨音とかえるの鳴き声を聞きながら、持参のおべんとうを食べ、強まる雨脚に午後は解散となりました。1回目は説明することも多く、こどもたちには長い一日でしたが、とてもよくお話を聞いてくれていました。

 

甲山農業塾  つちの子コース 

土曜 第1回

2018年5月12日(土)  10:00~14:00

晴れ

開講式、夏野菜植付け、畑の観察、収穫体験

家族 15組 51名

開講式 こどもたち ランチタイム 収穫

久しぶりに20度越えの5月らしい天気になりました。今日から1年間の甲山農業塾のスタートです。LEAFのT理事、そして、ご協力いただいている地主農家のK氏の挨拶のあと、参加者さんの自己紹介。その後、初回ですが夏野菜の植付けには最後のチャンス。まだひよっこの根っこも観察しながら、やさしく土をかけ、じょうろで水やりをし、その根元には乾燥を防ぐため、わらを敷きました。心地よい風の中、持参のお弁当を食べ、午後はたまねぎ、ほうれんそうなどを収穫。大きく伸びた麦の穂やじゃがいもなどの発育を観察しました。1回目は説明することも多く、こどもたちには長い一日だったはずですが、よくお話を聞いてくれていました。